いにしえは後醍醐天皇が、吉野に皇居を移された時、
献上物の器として、三宝を用いたのが始まりとされています。

三宝とは献上物や供物を運ぶ台のことで、一般的には正月の鏡餅を載せたり、
神棚にお供えする台として使用されているます。
奈良県吉野郡下市町の吉谷木工所では、古来より受け継がれる伝統工芸としての三宝を守り続けています。 吉野地方で発達した曲物の技術をこれからも継承していきます。

製品一覧Product Line

Featured Productsおすすめ商品

折敷

めんぱ

ダイニングトレイ

吉谷木工所

〒638-0045 奈良県吉野郡下市町新住41-10

facebook Instagram

製品に対するご質問・お問い合せは

お問い合わせ